インテリアの基本であるソファを理解しよう


インテリア家具の歴史

インテリアの歴史を少し覗いてみましょう。 インテリアは現代になると、モダニズムやポストモダニズムという変遷を経ました。日本もインテリアの世界で多くの影響を与えている国の一つです。日本は古くから独自の装飾文化(インテリア)が発達しており、日本の住宅環境が西洋化したことにも関連しています。

日本でのインテリアの概念は、西洋などのインテリアの概念とは大きく懸け離れています。その理由として考えられるのが気候の問題です。西洋諸国の気候の特徴は、一年を通して降雨が少なく乾燥しており、緯度が高いので日差しが弱い傾向にあります。

気温が低く、冬には寒さがより一層厳しくなるのが西洋の気候です。その為、熱を家の外に逃がさないようにするための工夫が家造にされています。インテリアはその用途に合わせて発展しました。室内と室外は隔離されていたので、ガーデニングやエクステリアといったインテリアの概念が生み出された理由です。

日本の気候は温暖で湿潤で、夏の強い日差しを避けるために家は進化しました。家中が風通りが良い様に建築され、開閉が自由自在に行える襖や障子が配され、畳張りになっているのが特徴的でも在ります。日本の家の最大の特徴は室内と室外が一体になっていて、日本庭園などは庭園を構成する一つのパーツとして考えられてきたことです。

この他にも、武家社会に見られた侘び寂びの精神が随所に見られ、素朴なものが好まれる傾向が強いです。農民などは貧しい生活を強いられていた為に、インテリアを購入する金銭的な余裕はなく、浸透するまでに時間がかかりました。こういった背景を踏まえて日本は独自のインテリア文化が育ったといえるでしょう。



インテリアを楽しむ上で注意したい事

インテリアに関する問題点は多くあります。インテリアは直接生活に結びつく事柄なので健康面に対する問題が揶揄されています。環境ホルモンの研究が進み、壁紙を付着する際に用いられる有機接着剤が問題になり、シックハウス症候群の誘発因子であることが判明しました。

このため、インテリアメーカをはじめとする各メーカーは対策を強化して安全な素材が使われるようになりつつありますが、検査をされていないインテリア住宅が圧倒的な件数を占めています。

何年か前にアスベストの問題が起こったような事は今後起きにくくはなってきているものの、中国などのアジアの発展途上国では粗悪な材料をインテリアや家に使っている国がまだまだ沢山あり、白血病などに繋がっているデータがあります。インテリアで活躍するカーペットに潜むダニが原因で起こるアレルギーもあり、ダニはカーペットの細い繊維に足を引っ掛けて踏ん張っているので、掃除機で吸いとることが困難と言われています。

子供がいる家庭ではインテリアカーペットを買うのを控える家庭が増加してカーペット業界は大打撃を被りました。インテリアを楽しむ上でカーペットはメンテナンスを怠ってしまうと、埃や食べ物の粕が溜まりやすいインテリアアイテムです。こういったデメリットを考えフローリングに床を変更する家庭も多く登場しました。ダニの駆除は小まめに行う必要があります。

インテリアは試行錯誤を繰り返して現代の生活にフィットする形へと移り変わりました。インテリアは時代時代で求められているモノが違うので、その時代の色や特徴に合わせたインテリアが必要とされたのです。インテリアは基本的には高級品で贅沢でゴージャスなものでしたが、庶民にインテリアが広がりだしてからは多くの需要に応えられるようなアイテムへと形を変化させていったのです。

ソファや家具のインテリアとしてのデザイン

家具の特徴や選び方について紹介してきましたが、インテリアを楽しむ上で一番気になるのはデザインでしょう。どんなに機能に優れていても、お気に入りの色であってもインテリアデザインが気に入らなければソファを気に入ることはないです。

恋人を選ぶときにも最初は外見から徐々に内面へと移っていくのと同様です。ソファなどの家具選びは恋人探しに似ており、先ずは見た目でビビッと感じたものに強い好意を持ちます。生活を共にする家具は色や流行、トレンドに関係しない、オーソドックスで基本に忠実な家具が好まれます。

毎日つきあうソファなので自分に一番合ったソファを購入したいです。自分が気にいったソファはいつまでも満足する事が出来るでしょう。人に進められて購入した、納得出来ない、譲ってもらったなどのソファは月日が経つにつれて飽きが必ず出てきます。

人に相談してインテリアソファの意見やアドバイスを貰う事は良いことですが、自分の中でしっかり検討、吟味して最後は購入しましょう。デザインや部屋のコンセプトを意識しすぎたあまりに、莫大な価格がかかり、部屋も狭くなってしまう…なんてこともあります。また、ソファとセットで考えなくてはいけないのはテーブルやテレビボードなども重要なインテリアになります。その部屋に何を配置するのかをシュミレーションし、採寸を忘れずに検討しましょう。日本のライフスタイルに合ったアイデア商品としてオススメするのはソファベッドですね。寝心地などはモノによって善し悪しはありますが、一度検討してみるのもいいと思います。
部屋のインテリアデザインが大方定まったら家具やソファに使われている素材に移りましょう。家具やソファにはいろいろな素材が使われていて、家具の内部に使われている素材次第で耐久性も大きく異なります。末永く気に入った家具やソファと付き合っていくために内部構造の知識を習得することは重要です。

ほかの家具と一体感を出せるかは自分のセンス次第なのです。既存の家具と新しいソファとのコーディネートもソファ選びの楽しみになっています。インテリアを取り扱った雑誌が多く出版され、コンビニエンスストアや本屋さんに行けば簡単に手に入れることが出来ます。そこにはお洒落な空間を創り出す方法や家具のポイントが多く掲載されています。そのインテリア雑誌を教科書代わりに使うのも一つの方法です。理想や目標の部屋を掲げて、目指すインテリアにより近づけられるようにソファや家具を選びましょう。

家具の価格

インテリアを楽しむ上のソファや家具選びで参考にするポイントの一つに家具の価格があります。いくら気に入る家具を見つけても金銭面で妥協を強いられる場合もありえます。何年使用するのかの条件によってもソファの価格は左右されます。

家具も使えば使うほど味が出て雰囲気も良くなります。鍋料理の昆布や鰹節の出汁のようにいい味が出ます。家具やソファを一人で使うのか大家族で使うのかでも耐久性の問題が出てきます。家具を研究し追及してみるのも一流の家具選びではないでしょうか。

安い家具を短い期間使い、何回も買い替え続けるのか、高級な家具を買って長い間使い続けるのか考えは自由です。家具の購入サイクルは一般的には3万円から5万円と言われていますが、もちろんブランドや家具に使用されている素材によってピンからキリまで存在します。

家具に使われている素材、ソファのクッションを重視すればコストも上がり、低価格のものにすればそれだけ家具やソファ自体の価格も下がります。

家具のメンテナンス
家具のメンテナンスも大事なポイントです。長く使い続ける為にメンテナンスが必要不可欠になります。ソファに溜まるホコリはソファの汚れのもとになるので、埃が溜まったら掃除機で吸い取ってあげましょう。また、歯の柔らかいブラシでのブラッシングも有効的なメンテナンス方法の一つです。

晴れた日には日陰干しをするのも有効的です。また、コーヒー、ジュース、牛乳、ビール、手垢などでソファが汚れた場合は、ティッシュなどの柔らかいもので液体がソファに染み込む前に素早く拭き取りましょう。シミなどが出来てしまった時は、中性洗剤をお湯で薄めて布や雑巾に浸して拭き取るようにしましょう。この時にシンナーなどの化学薬品を使用する事は危険です。ソファを痛め、悪臭が取れなく恐れがあるからです。