素朴ながらに味のあるナチュラル家具


カントリー家具の要素

カントリー家具のソファの多くはパイン材という木材で作られており、このパイン材は素朴で温かみがあり健康にやさしいものとして知られています。安らぎを与えるソファの素材にピッタリですね。では、このパイン材ではないほかの材料を用いて作られた素朴で温かみのあって健康にやさしい家具はなんと呼ぶのか。クイズのようですが、実際のところ管理人にはその答えは出せません。

便宜上、無理に答えを出すとするならば、良く耳にする家具の単語として「ナチュラル家具」と呼ぶのが一番無難かと思われます。このナチュラル家具という言葉自体、パイン材が使われた家具との区別を付けるために呼ばれているということもあり得るでしょう。

ナチュラル家具と呼ばれる要素として、木材がパイン材ではなく無垢材が使われたシンプルなもので、健康にやさしい材料が使われているという点が挙げられるでしょう。また、ナチュラル家具に使われる材料としては広葉樹が多いのも特徴です。実際の家具画像を見るなら「デザインの種類が豊富なデザイナーズショップや激安家具店など」をご参考に。

材料:広葉樹と針葉樹

広葉樹と針葉樹、これら2つの違いはどこかというと、それは木の硬度(比重)です。この硬度が高いほど当然硬い木になり、その分重くなり、育ちの早さにも違いが出ます。広葉樹の方が針葉樹に比べて木が硬く、育ちが遅いので木材の価格も広葉樹の方が高額となってます。「カントリー家具の魅力」ページでも説明した通り、カントリー家具が備えている特徴としてその暖かみと素朴な風合いがありますが、ナチュラル家具とカントリー家具の両方にとっての重要な要素となる温かみはどの部分から感じられるのか。

これはあくまでも個人的な予想ですが、一番の要素は木が呼吸をしているという点にあると思います。木は伐採後に木材として使用されていても呼吸をするので、当然家具に塗装を施す際は呼吸できるような塗装にすることが重要になります。木が呼吸できるということは、つまり木の表面に余分な膜がなく、木が持つ本来の質感を肌で直に触れることが出来るということでしょう。

ここに自然の恵みである木々の温かみを肌で感じることが出来るのではないでしょうか。また、木が呼吸することで自然の木の香りがしますし、この香りは使用する人間にプラスとなる影響を与えてくれるでしょう。見た目だけでなく木の柔らかさも重要なポイントで、柔らかすぎるといろいろとトラブルも起きやすいなりますが、この柔らかさが温かみにつながるポイントとなっていると管理人は考えています。 ソファのタイプ別の選び方でカントリー家具に多く使われているパイン材は広葉樹より柔らかい材質となっているので、カントリー家具の要素を多く含んでいるということになるのではないでしょうか。

木材が備える「素朴さ」

素朴さとは「シンプル」・「単純」と言った言葉に置き換えることができますが、一口に単純と言ってもその解釈はいくつもあります。素朴という単語の本来の意味には「自然のまま(に最も近い)」、「(人の)手が加えられていない」といったものがあり、これはつまり「無加工」を意味しているのです。この素朴さを充分に引き出すため、カントリー家具には多くの金具を使うことはしません。居間のソファの座椅子タイプのものも同じですね。

それゆえに機能的に多少使い難いものになってしまったり、生活に便利な機能が付属していない家具になっていたりします。家具に加工するとしても、できる限り自然のままの状態に近づけて木が生きて呼吸している状態にしているので様々な現象が現われてきます。この現象は年月による傷や歪み、隙間などですが、定期的な矯正やワックスなどのメンテナンスによって修復が可能です。家具製作者も作製の段階で起こりうる現象を予測し、使う木材の厳選な選別や適切な使い方、仕口に工夫を凝らしながら作っていきます。

この工夫がカントリー家具が持つ独特なデザインの一部となっているケースも多いのです。これらカントリー家具が持つ事情を鑑みるに、カントリー家具が健康に優しいことはもちろんのこと、温かみや素朴さがあるが機能的なものではなく、メンテナンスが必要であることは仕方のないことではないでしょうか。機能的でないが故にメンテナンスが必要になることは手間がかかるので面倒と考える方もいらっしゃいますが、家具に限らずどんなモノでも使用し続けていればいつかはメンテナンスが必要になるでしょう。
メンテナンスが必要なのは畳やフローリングも同じこと。素材を生かすモノにはつきものなのです。そして、モノを大切に長く使おうと思えばメンテナンスは生活の中で大変ではなくふつうになじむものなのです。 カントリー家具に合う白食器も通販で沢山見かけますが、名前の通り真っ白な食器なので、渋みや洗い残しがすごく目立ちます。何においてもメンテナンスや掃除のお手入れをすることで更なる愛着もわいてくるでしょう。

インテリア家具のソファにはメンテナンスが必要。だからこそ普段の取り扱いや接し方を考えなくてはなりません。メンテナンスを自分で行うことで愛着が湧きますし時と共に歴史も刻んでくれるので、手入れを面倒と考えずに、大事に扱ってあげましょう。大事に扱えば、何時しかきっと家具も家族の一員となってくれるハズです。