カントリー家具のメンテナンス方法


カントリー家具の手入れ

自然オイルやワックスで綺麗に仕上げられたカントリー家具の取り扱いにはちょっとした愛情が必要になります。リビングにおきたいカントリー家具のメンテナンスや取り扱いについてご紹介します。

カントリー家具の上に濡れたコップをそのままにしておいたり、醤油やお酒をなどをこぼしてそのまま放置したり、重い物を乗せてそれをひきずるなどすると、木材の表面にシミや傷ができる原因になってしまうので、カントリー家具を使用するときは木材と物が直接ふれることがないようにコースターやランチョンマットを使用しましょう。また、飲み物などで濡れたりシミができたらすぐに拭きとるなどしてあげましょう。

普段のお手入れとしては固く絞った布ふきんか、乾拭きで充分です。半年から1年毎の定期的なメンテナンスをしておけばワックス分を補充するとともにより一層深みも増すことでしょう。愛用することで益々その魅力を増していくのがカントリー家具の特徴なので、使用者の愛情で魅力的なカントリー家具へ仕上げてみてください。一人暮らしのベッドは激安店で手に入れましょう。

メンテナンス方法

カントリー家具に多く使用されているパイン材家具の多くはオイル塗装や水性ステイン、ワックスで塗装されることが殆どです。 ベッドのコーディネイトでつやつやしたに目が留まったことのある人も居るのでは?

それによって、自然の雰囲気やや木が持つ独特な温かみを感じることができ、木材が呼吸するからこそ人間と同様に変化していきます。 見た目に最も判りやすい変化は、年月が経つにつれて塗装が徐々に飴色に変色することですが、これは材料の中に含まれるヤニが焼けることから起きる現象です。

カントリー家具の色の変化もいい雰囲気を演出することに一役買ってくれるのですが、オイル塗装で定期的にメンテナンスをして色を重ね塗りすることをオススメします。

ここで重ね塗りしておくことによってさらにカントリー家具の繊維にオイル塗料が充分に染み込み、それによって木も徐々に硬くなり、その結果ヒビ割れや反り、歪みを防いでくれるようになりますし、飴色に黒光りしたような艶が出てきます。

カントリー家具にはその持ち主の懸命なメンテナンスにより共に歩んできた歴史の跡が刻まれていきます。カントリー家具はその持ち主だけ、オンリーワンとなる素敵なアンティーク家具へと生まれ変わり後世に大切にされる家具になるので、しっかりとメンテナンスをしてあげましょう。

Valuable information

最終更新日:2016/10/11